ヘディング練習

ヘディング練習

サッカー 練習,初心者 サッカー 練習

ヘディングの指導方法で一番間違った指導をしているのがヘディングではないでしょうか?よく「ヘディングはおでこでする。」「目は閉じない」と聞きます。

 

完全に間違いでは無いですが小学生の子供を指導する時にそのまま言って練習させると勘違いしてしまいます。

 

正確には「髪の毛の生え際でヘディング」「ヘディングのインパクトの直前まで目を閉じない」です。

 

一度試しにヘディングを「おでこ」でしてみてください。怖い上に「ぺちっ」と音がして強いヘディングができないうえに痛いですよ。

 

 

 

 

一人できるヘディング練習

 

一人でヘディング練習は凄く難しいですが私が実際に一人でヘディングの練習をしてチームで一番ヘディングがうまくなった方法を紹介します。

 

まずは軽くボールを真上に上げてヘディングします。

ヘディングしたボールを手でキャッチ。
インパクトポイントを見つける練習です。
ボールとヘディングのインパクトポイントが合えばボールはキレイに真上にあがります。

何度も繰り返し練習します。

真上にあがるようになったらそのまま手でキャッチするのではなくてヘディングをもう一回します。繰り返し練習しているとヘディングでリフティングができるようになります。

次にボール高く真上に上げます。
それをジャンプして壁に向かって強くヘディングします。
何故かというとゆっくり真上から落ちてくるボール程、しっかりとインパクトしないと強いヘディングはできませんし、インパクトする事が凄く難しいです。

 

「意識」することは「ヘディングシュート」「クリア」「ポストプレー」どの状況でヘディングしているのかをイメージして練習する事が大事です。
シュートなら叩きつけた強いヘディング。クリアなら高く遠くに飛ぶようなヘディング。