シュート練習

シュート練習

 

サッカーの一番の醍醐味でもあるプレイがシュートです。
もしシュートの成功がゴールとするなら最も難しいのがシュートです。

 

ボールを蹴る種類もボールを曲げるなどたくさんあったほうがいいですし、両足でシュートを打てる方が、幅が広がります。

 

 

またシュートはゴールに直結するプレイになりますので実践では簡単に打たしてはくれません。
シュート以外の事も重要です。

 

基本はボールを強く真っすぐ蹴ることですのでまずは強く真っすぐなボールが蹴れるように練習しましょう。

 

一人で出来るシュート練習

 

強いボールを蹴るのに一番適している蹴り方が「インステップキック」
壁に向かってひたすらインステップキックで練習するしかないです。

 

単純なことですがボールの回転に注目してください。

 

ボールが横または斜めに回転している時はしっかりインパクトできていません。

 

しっかりインパクトすると縦回転がかかります。
野球でいうストレートですね。

 

縦回転がかかるようになるまで繰り返し練習しましょう。

 

縦回転のボールが蹴れるまで上達すればボールを蹴る感覚は掴めてきているはずです。
縦回転のボールが蹴れるようになって始めて横や斜め回転が蹴れるようになります。

 

横や斜め回転はボールが曲がったり、曲がりながら落ちたりするので、カッコよく気持ち良いものです。その為、順序が逆になり変な癖が付いてキレイな弾道のシュートが打てない小学生、中学生をたくさん見ています。

 

ここで「意識」するポイントを一つ。

 

ある程度シュートが上達したら試合の中でシュートをしているイメージを持って練習することです。

 

ボールが止まった状態でシュートを打てるのはPKか直接FKのみです。
たまにコーナーキックを直接狙う選手もいますが。

 

走りながら、時にはボールを空中にあげて、シュートを打つ練習などすることが大事です。