トラップ練習

トラップ練習

サッカーが上手いか、下手か見分けるのに一番手っ取り早いのがトラップの上手さです。
トラップ=ボールを止める」ではありません。

 

トラップはドリブル、パスなど次の動作をする為の重要な技術です。

 

トラップの技術は身体能力に左右されません。左右されないからこそ、ある程度なら誰でもボールを止める事ができるので、練習を怠ってしまう傾向が強いです。

 

トラップの技術がライバルと差を付けると思っても過言ではありません。

 

一人でもできるトラップ練習法

 

ボールを壁に蹴ります。(難しい人はボールを投げてもいいです。)

跳ね返ってきたボールをトラップ。

まずはゆっくりしたスピードで練習していき、ゆっくりしたボールでできるようになったら少しずつ蹴るボールを強くしていき跳ね返ってきたボールをトラップする。

 

トラップできるようになったら次は
敢えて自分の所にボールが返ってこないようにボールを蹴ります。

自分とは違う方向に跳ね返るボールを走りながらトラップ

 

ここで「意識」しましょう。
身体のどの部分でボールにさわるとしっかりボールが止まるのかを意識しながら練習してください。何度も練習していると無意識にできるようになります。
その時こそトラップが上手くなった瞬間です。

 

しかしこれだけでは、サッカーの試合では通用しません。

 

冒頭にもありますがトラップは次の動作をする為の技術です。
このことを意識しながらトラップ練習する事が大事です。

 

自分の前にトラップしても、目の前に敵がいたら取られてしまいますよね。
「右側にトラップしよう」「後ろにトラップしよう」など相手がいることを意識します。

 

もっと上達したら次は「一度フェイント入れてからトラップ」「トラップで相手をかわす」
など意識して練習してください。

 

これができれば間違いなくサッカーが上達していますよ。