一人で始めるサッカー練習  (キック)

初心者が一人で始めるキック練習

ある程度ボールにも慣れてくればボールを蹴る練習も合わせて行っていけばいいでしょう。
しかし、ボールタッチの練習にように室内ではできない練習になります。

 

公園や広場などサッカーボールを蹴っても大丈夫な場所で練習をしてください。
あまり車がこない自宅前や道路などで練習を行う時は転がったボールに夢中で拾いに行って交通事故に合うケースが多いので十分に気をつけてあげてください。

 

では、ボールを蹴る練習方法ですが、壁などに向かってボールを蹴ります。跳ね返ってきたボールをまた蹴ります。最初はこの繰り返しでひたすらボールを蹴ってください。

 

蹴りそこなってボールが戻ってこないようなこともあるでしょう。こちらも、リフティング練習の時みたいに最初は気にせずどんどん蹴ってください。ボールの蹴り方や強さなどは後で練習をすればいいので、まずはボールを蹴る感触をおぼえるのです。

 

ある程度、続くようになったら自然とボールのどこの部分を蹴ればどう飛ぶ、どう回転するなど、体が覚えていくでしょう。

 

そして、練習に疲れたら無理をせず休憩を取るのも大事ですが、頻繁に休憩を取っていてはサッカーの上達は見込めません。はりきりすぎるのも良くないですが、ダラダラと練習するのもよくありません。

 

目標を立てて、目標をクリアーするまでは休憩を取らないくらいの意気込みで臨むと、集中力もまして、サッカー上達も早くなるでしょう。

 

何事もあきらめずに続けることがだいじですので、頑張ってください。

 

 

サッカーが上達する為のコツはコチラ