効き足だけでは通用しない?

サッカーは効き足だけでは通用しない?

サッカーの練習でよく聞く言葉が「両足で蹴れるようになれ」です。

 

何故、両足で蹴れた方が良いのかと言うとプレーの幅が広がるからです。

 

例えば効き足が右足の場合、左足の前にボールがあったとします。そのボールを蹴る時に全く左足で蹴れない場合、右足の方に切り返して右足でボールを蹴るか、右足で蹴れるように回り込んで蹴るしかないですよね。

 

そうなるとどうしても1〜2テンポ遅れてしまいます。それが試合では命取りになります。

 

もう1つは逆足では反応が鈍ってしまうということです。
効き足では無意識にボールに向かって反応します。しかし逆足では反応が効き足より遅れてしまいます。
この微妙な反応速度がサッカーでは非常に大事です。

 

ドリブルしてくる敵に対してディフェンスしているとして逆足の方向にかわされそうになった時、イレギュラーなボールが自分の逆足に来た時など、実際にボールを蹴るだけではなく、それ以外の所にも重要になってきます。

 

逆足が上手くなる為には反復練習しかないです。逆足だけでリフティングをする、逆足だけでボールを蹴る、逆足だけでドリブルをする。意識して毎日練習すれば自然と逆足が蹴れるようになっているはずです。

 

余談になりますが、稀に効き足だけでトッププレイヤーになる選手がいますが、左利きの人が多い気がするのは私だけでしょうか?