サッカーを始めた時期

小学5年生(10歳)からサッカーを始めてもレギュラーになれますか?

確かに小学校低学年からサッカーを始めている子供達と高学年になってからサッカーを始めるのとでは最初は大きな差があります。

 

しかし、プロサッカー選手の元日本代表DF中澤選手などは11歳からサッカーを始めて日本トップのDFになりました。

 

もちろん小さい時期に始めることに越したことはありませんが、まだ小学生はまだまだ成長過程にあります。
遅く始めた分、低学年からサッカーしている子供よりも真剣に練習するでしょうし、追いかける目標があるので成長も速いはずです。

 

ただもともと実力差があるので最初は苦労します。そこであきらめる子供は低学年からサッカー始めた子供を抜くことはできないでしょう。

 

実力差を考える事はもちろん大事な事ですが、小学生の段階では実力差を不安に思うことよりも自分がどれだけうまくなっているかを考える方がいいですよ。

 

一つ、一つ技術が上がっている事を実感すれば練習も楽しくなります。

 

すぐには実力差を無くすことができませんが、楽しく練習し「1年後には追い付いてやる」という明確な目標を持って練習することが大事です。
それでも結果が保証されるわけではありません。ただこれだけは覚えていてください。

 

努力した人が必ずしも成功するわけではありませんが、成功した人は必ず努力している。」