最強ドリブル塾 体験談

川島和彦 最強ドリブル塾

私はジュニアサッカーチームのコーチをしています。

 

ある日、県外のチームと地元チームを呼びサッカー大会が開かれました。結果、県外のあるチームが圧倒的と言っていいほどに優勝しました。その晩、懇親会があったので優勝チームのコーチにどんな練習しているか聞きました。

 

厳しい意見を言われました。「日本代表みたいなサッカーすることを目指していませんか?目指すのもいいですけど、私たちジュニアサッカーの指導者は選手が将来、活躍できる選手を育てる事です。チームが勝つのはもちろんですが、ジュニア時代は個人技術を高めていくのが将来子供達の為に良いです。」

 

そこで推薦されたのが「川島和彦 最強ドリブル塾」でした。元々は選手の親が購入し子供に練習させていたらしく、コーチがドリブルがすごく上達している事に気付き、チームの練習に取り入れたそうです。そこから個人技術があがりチームも強くなったと。

 

私たちのチームにも取り入れようと購入してみました。
6枚セットのDVDと特別冊子が届きました。

 

まず子供達みんなで見る前に私一人で見てみました。そこに映っている子供達は本当に同学年かと思うくらいドリブルが上手でした。本当にウチの選手達はできるのかと同時に不安になりました。

 

子供達に見せてみると「スゲー」と連発していましたが私が見た時の反応とは違い、不安そうな顔をしている子供は一人もいませんでした。

 

練習内容は基本的なコーンを抜いて行くドリブルから始まり、応用編みたいなのではかけひきのドリブルがあり、実践向きだし何より楽しく練習できるのが良かった。

 

 

ドリブル練習を積み重ねているとドリブルが上達したのはしたのですが、もっと上達した事がありました。それはチャレンジする事です。

 

私にとってはこれが一番大きな収穫でした。ドリブルが上達するとDFに向かってチャレンジする。そこからドリブルでDFを抜く楽しさを知り、ドリブルに自信がつく。

 

自信がつくと新しいドリブルにチャレンジする。新しいドリブルを考えることが楽しくなるので想像力がつく。どんどん選手として成長していることが見ててわかりました。

 

たかがドリブル、されどドリブル。全て繋がっているのに気付きました。

 

このDVDで学んだ事により今まで補欠だった子供がレギュラーになった子供もいます。
しっかりしたドリブル練習をする事によりドリブルの上達だけでなく新たな才能を開花させてくれるのかも。

 

サッカー 練習,初心者 サッカー 練習