城彰二 ゴールからの逆算

城彰二 ゴールからの逆算

 

子供がサッカーをしたいと言いサッカーチームに入って3年。子供も小学5年生になりましたが、未だレギュラーにはなれていません。親の私は大学までサッカーをしていてレギュラーでずっと頑張っていたので当然、子供もレギュラーになれるものだと思っていました。

 

子供がサッカーを始めた頃から休みの日にはサッカーの練習を一緒にして、教えていましたがサッカー経験を元に教えているのですが、成果はあがりません。

 

親のエゴと思われるかもしれませんが「やっぱり息子がレギュラーで試合に出ているところを見たい」思いからサッカー教材を買う決意をしました。

 

調べてみるとたくさんありましたがトッププロが教えるサッカー練習法はどんなのか興味があり、購入してみました。

 

練習方法にビックリしたのと同時に私の練習方法が悪かったのだとわかりました。
サッカーをやっていた人ならわかると思いますが、感覚的な部分がスポーツには多いです。
その感覚的な部分を教える事が非常に難しいのです。

 

しかし今までの教科書どおりの型にはまった指導法とは違い、感覚的な部分をわかりやすくしてくれている内容でした。

 

例えばシュート練習、普通の指導なら「インステップで強く」「強いシュートを打つ為にはこういう姿勢だ」などですが、
城さんの指導では「好きに蹴れ」です。

 

「好きに蹴ってもいいけどココに注意しよう」など好きにプレーしている状態に少し変化をつけるだけで子供のシュート力が変わりました。
トッププレイヤーで同じ蹴り方をしている人など一人もいないと知っていたはずなのに・・。

 

トッププレイヤーだからこそ、わかる事、伝えられる事があるんだと思いました。
まだ始めたばかりですが子供も楽しく練習していますし、レギュラーになれる日が近づいている事を実感しています。子供の成長が楽しみです。

 

サッカー 練習,初心者 サッカー 練習